注目キャンペーンAmazonギフト券チャージタイプを現金で支払うだけで、1000円分のAmazonポイントがもらえる!詳しい方法は「Amazonギフト券チャージで1000ポイントゲット!どう考えてもお得でしかないキャンペーン」を参考にしてください。

Fire TVシリーズでYouTubeが見れなくなる!気になる理由と対処方法は?

Fire TVとFire TV StickはYouTubeをテレビで見ることができますが、今後はそれが出来なくなります。今回は、Fire TVシリーズでYouTubeが見れなくなる理由と見れなくなったときの対処方法を紹介します!

2018年1月1日追記:YouTubeアプリから見れないときの対処方法を追加

Fire TVでYouTubeが見れなくなる!

みなさん、Fire TV StickとFire TVでYouTubeを見てますか?

私はテレビの大画面で見れることと、リモコンで操作できる手軽さもあって、自宅ではいつもFire TVシリーズから見ています。

YouTubeは日頃から見ている方も多いと思いますが、2018年1月1日からFire TVシリーズでは見れなくなります!

Googleは米国時間の2017年12月5日に「Fire TVシリーズ」と「Echo Show(日本未発売)」におけるYouTubeのアクセスをブロックすると発表。

Echo Showは2017年12月5日からで、Fire TVとFire TV Stickは2018年1月1日からYouTubeの視聴できなくなります。

実際にFire TVシリーズからYouTubeアプリを開くと、画面に「2018/1/1以降、お使いの端末ではYoutubeを利用できなくなります(以下省略)」と表示されます。

アメリカだけの話と思いたいところですが、このメッセージが表示されるあたり、日本でもFire TVからYouTubeを見れなくなりそうです。

YouTubeが見れなくなる理由は?

Fire TVからYouTubeを見れなくなる理由は「Amazon」と「Google」の対立にあります。

Amazonは前々からFire TVシリーズと競合するとして、Googleが提供するストリーミング端末「Chromecast」の販売を停止。

最近、Googleが発売したスマートスピーカー「Google Home」や「Google Home mini」も当然のようにAmazonでは販売をしていません。

さらに、Amazonは2017年11月にGoogle傘下のNest製品まで販売を停止しました。

Google関連製品を取り扱わないAmazonに怒ったGoogleは対抗措置として、Fire TVシリーズとEcho ShowからYouTubeを見れなくしたわけです。

米メディア・The Vergeに対してGoogleは「これらの問題がすぐに解決し、合意に達することを願っています」とコメントしているので、この問題が解決すればYouTubeを見られるようになりそうです。

とはいえ、それまではFire TVとFire TV StickからYouTubeを見れないのは痛いですね。そもそも、消費者まで巻き込むのは勘弁して欲しいです…。

Fire TVの代わりとなるデバイスは?

※2018年1月1日追記:2018年1月1日以降、Fire TVシリーズからYouTubeが見れなくなると思ったら、ブラウザを利用すれば簡単に見ることができます。詳しくは次の「YouTubeアプリから見れないときの対処方法」を参考にして下さい。

Fire TVシリーズからYouTubeを見られるようになるまで、どれくらい待てばいいのかわからないので、その代わりとなるデバイスを紹介します。

YouTubeに対応していて、テレビで見られるデバイスは以下になります。

  • スマートテレビ
  • ゲーム機(PS4、PS3、Wii U、Xbox 360、Xbox ONE)
  • Chromecast
  • Apple TV
  • Android TV搭載ストリーミング端末

その中でもオススメなのがGoogleが提供する「Chromecast(クロームキャスト)」です。

スマートテレビの価格はだいだい10万円以上で、ゲーム機やApple TVの価格は2、3万円するので、気軽に購入できるとはいえません。

しかし、Chromecastなら価格が4,980円(税込)と安く、4K/HDR対応のChromecast Ultraでも価格は9,720円(税込)なので、少し我慢すれば誰でも購入できます。

Chromecastにはリモコンが付属していませんが、日頃から使い慣れているスマホ・タブレット(iOS/Android)やPCがリモコン代わりとなるので簡単に操作できます。

もちろん、ChromecastとYouTubeは同じGoogleが提供しているので、テレビの大画面でも快適に視聴できます。

YouTubeアプリから見れないときの対処方法

2018年1月1日以降はFire TVシリーズからYouTubeが見れなくなると思ったら、実際は「YouTubeアプリ」が利用できなくなるということだったみたいです…。

YouTubeアプリは利用できなくなりましたが、Amazonはこの時を待ってたかのようにFire TV向けの「Silkブラウザ」と「Firefox」を2017年12月21日にリリースしています。

SilkブラウザとFirefoxを利用すれば、Fire TVシリーズからYouTubeを簡単に見れるで、その方法を紹介します!

FirefoxアプリからYouTubeを見る方法

FirefoxアプリからYouTubeを見るには、Fire TVまたはFire TV Stickに「Firefoxアプリ」をダウンロードして下さい。

Fire TVシリーズからFirefoxアプリを開くと、ホーム画面が表示されます。

ホーム画面には初めから「YouTube」のショートカットがあるので、リモコンで選択するだけで簡単にアクセスできます。

YouTubeが表示されるので、あとは動画を選択して見るだけです。操作方法はYouTubeアプリと同じなので、違和感なく利用できると思います。

SilkブラウザからYouTubeを見る方法

SilkブラウザからYouTubeを見るには、Fire TVとFire TV Srickに「Silkブラウザアプリ」をダウンロードして下さい。

Fire TVシリーズからSilkブラウザを開いて、Bingの検索ページが表示されたら、リモコンの「メニューボタン」を押します。

Silkブラウザのメニューに移動するので、画面左上の「ウェブを検索またはURLを入力(検索アイコン)」を選んで下さい。

入力画面が表示されるので、頑張って「youtube.com/tv」と入力して『進む』を押します。

YouTubeにアクセスしたら、動画を選ぶだけで見れます。操作方法はYouTubeアプリと変わらないので安心して下さい。

最後にリモコンのメニューボタンを押して、Silkブラウザのメニューから「ブックマークを追加」をしておきましょう。

これなら次回利用するときにURLを入力しなくても、Silkブラウザのブックマークから簡単にYouTubeへアクセスできます。

まとめ

  • 2018年1月1日以降、Fire TVシリーズのYouTubeアプリが見れなくなる
  • YouTubeアプリが見れなくなる理由はAmazonがGoogle関連商品を取り扱わないから
  • 問題が解決すればYouTubeを見られるようになるが、いつになるかは不明
  • Fire TV向けの「Silkブラウザ」と「Firefox」を利用すれば、簡単にYouTubeが見れる
スポンサーリンク

フォローする