米アマゾン、1,000冊以上読み放題の「Prime Reading」開始

book-1313472_640

米アマゾンは2016年10月5日にAmazonプライム会員向けの新サービス「Prime Reading」を開始しました。「Prime Reading」は1,000冊以上の本、コミック、雑誌の電子書籍が読み放題で、プライム会員はもちろん追加料金なしで利用できます。

Prime Readingは1,000冊以上が読み放題

prime_reading_image

国内のAmazonでも本、コミック、雑誌などの電子書籍が読み放題のサービス「Kindle Unlimited」を提供していますが、あちらは月額980円(税込)掛かります。

米Amazonで提供された新サービス「Prime Reading」はAmazonプライム会員の年会費99ドルを支払うことで、1,000冊以上の本、雑誌、コミックの電子書籍が読み放題になります。

年会費99ドルは国内のAmazonプライム会員の年会費3,900円に比べて、料金が2倍以上高いので、米Amazonのプライム会員の特典が拡充していくのは自然の流れだと思います。

Prime ReadingはAmazonが提供している電子書籍リーダー「Kindleシリーズ」やタブレット端末「Fireシリーズ」はもちろんのこと、iOS端末やAndroid端末でも利用できるそうです。

日本でもサービス開始されるの?

今まで、米Amazonでプライム会員向けに開始した「プライムビデオ」や「プライムミュージック」も日本で遅れてサービスを開始してきました。それを考えると「Prime Reading」が日本でサービスを開始してもおかしくありません。

既に国内でもPrime Readingに近い「Kindle Unlimited」のサービスをAmazonは開始しているので、決して不可能ということはなさそうです。

ただ、最近はこのサービスに対して講談社がAmazonに対する抗議文が公開されるなど、Amazonの対応が一方的過ぎるということで、どうやら出版社と揉めているようです。

Kindle Unlimitedも今後どうなるのかわからない状態なので、「Prime Reading」の提供はまだまだ先になるかもしれません。

最後に

「Prime Reading」が国内のプライム特典に加わると嬉しいですが、プライム特典が追加される度に年会費が値上げされるのではないかいつもヒヤヒヤしています。他にも国内のKindle Unlimitedが今度どうなるのかも気になります。

スポンサーリンク

フォローする