1クリックで注文できる「Amazon Dash Button」開封レビュー

Amazon Dash Buttonは日用品の備蓄なくなったときに1クリックするだけで、即注文できるので商品を買い忘れる心配がありません。今回は、Amazon Dash Buttonが届いたので、詳しく本体や付属品を開封レビューしていきます。

Amazon Dash Buttonとは?

Amazonは2016年12月5日に「Amazon Dash Button」を日本でも発売しました。まだ発売したばかりなので、よく知らない方も多いと思います。Amazon Dash Buttonとはどんな商品なのかを簡単に説明します(既にご存知の方は読み飛ばして下さい)。

Amazon Dash Buttonを一言で説明すると、物理ボタンを1クリックするだけで日用品を注文できるAmazonデバイスです。

オンラインショップでお買い物する時はPCやスマホなどからサイトにアクセスして、商品をカートに入れて注文する必要があります。しかし、Amazon Dash Buttonは物理ボタンを1クリックするだけで設定した商品をすぐに注文することができます。

台所や洗面所などに設置をすることで、日用品がなくなったらすぐに注文することができるので、商品を買い忘れたという心配もなくなります。

Amazon Dash Buttonは年会費3,900円(税込)のAmazonプライム会員のみ購入することができて、価格は500円(税込)となっています。

公式サイト:Amazon Dash Button

開封レビュー

Amazon Dash Buttonのラインナップは40種類以上ありますが、「UNO Dash Button」を購入しました。発売日の2016年12月5日に購入して、翌日の12月6日に届いていたので、開封レビューをしていきます。

Amazon Dash Buttonの外箱はいたってシンプルで、タバコのパッケージぐらいの大きさです。正面にはブランド名の「UNO」がきっちり見えるように空いていて、Amazon Dash Buttonの形が描かれています。

外箱の両側面にはAmazonロゴと「dash」の文字が描かれています。

外箱の裏面には梱包を省き、開封をラクにする「フラストレーション・フリー・パッケージ(FFP)」であることがわかるマークがあります。ちなみに、Amazon Dash Buttonはシアトルとカリフォルニアでデザインされ、中国で作られているそうです。

裏面の上にある矢印と同じ方向に引っ張ることで開封することができます。

外箱を開封すると、すぐにAmazon Dash Buttonが登場します。

下の空いた穴に収まっているだけなので、Amazon Dash Buttonは簡単に取り出せます。

Amazon Dash Buttonの下には、黒と白の取扱説明書が2枚が入っています。

黒の取扱説明書にはAmazon Dash Buttonのセットアップ方法が書かれています。

白の説明書にはAmazon Dash Buttonの注意事項について書かれています。

Amazon Dash Buttonの同梱品は本体と取扱説明書だけで、あとはなにも入っていません。

本体のフォトレビュー

それでは、Amazon Dash Button本体のフォトレビューをしていきます。本体の正面にはブランド名(UNOや天然水など)がしっかりデザインされています。右側に「注文ボタン」があって、その横の小さい点が「インジケーター(点灯で注文完了やエラーがわかる)」です。

裏面には技適マークなどがあって、再利用が可能な粘着ジェルがあります。水色のシートを剥がして、金属面やプラスチック面に貼り付けることができます。その他にも本体を囲っている取り付け用フックに紐で繋いだり、どこかに引っ掛けることもできます。

取り付け用フックは揺らしたりしても外れませんが、Amazon Dash Button本体を軽く押すだけで取り外すことができます。裏面の粘着ジェルで貼り付ける場合は、取り付け用フックを外した方が見栄えが良いかもしれません。

取り付け用フックには左右に出っ張りがあって、これを本体のくぼみにはめているだけです。

Amazon Dash Button本体の側面には取り付け用フックを取り付けるためのくぼみだけで、あとはなにもありません。

最後に1円玉とAmazon Dash Buttonの大きさを比較すると、こんな感じです。注文ボタンと1円玉の大きさとちょうど同じぐらいで、本体が小さいことがわかるかと思います。これだけ小さいのにWi-Fiに接続して、1クリックでAmazonに商品を注文できるとは驚きです。

公式サイト:Amazon Dash Button

スポンサーリンク

フォローする