Fireタブレットに必要なもの・便利なものをまとめて紹介

hook-829942_640

Amazonが販売する「Fireタブレット」は価格が安く、他の端末と比べてシンプルで使いやすいので、スマホ・タブレット初心者にオススメのデバイスです。今回は、Fireタブレットに必要なもの・便利なものをまとめて紹介します。

必要なもの

Fireタブレットを使用するのに必要なものを紹介していきます。とはいえ、Fireタブレットに必要なものはほとんどのご家庭にあるものだと思います。

プロバイダ

いきなり物ではありませんが、Fireタブレットはネットワーク環境が必須なので、自宅でネットできるように「プロバイダ」と契約する必要があります。

プロバイダってなに?と思う方もいるかと思いますが、わかりやすいように置き換えると携帯電話と同じです。携帯電話で電話やネットするためには携帯キャリア(au、ドコモ、ソフトバンクなど)と契約する必要があります。

それと同じように自宅でネットできるようにするためには、プロバイダと契約する必要があります。プロバイダにはフレッツ光、auひかり、Yahoo!BBなどがあり、月々に料金をお支払うことでネットを利用することができます。

PCやスマホが普及している現在はほとんどのご家庭はプロバイダと契約しているで、よくわからない方は家族に聞いてみるとよいでしょう。

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)

プロバイダと契約してネットが使えるようになっても、Fireタブレットは無線LANルーター(Wi-Fiルーター)がないとネットが使えません。プロバイダからネットを利用するためのモデムが設置されますが、モデムに接続するためには有線接続が必要です。

Fireタブレットはもちろん有線接続に対応していないので、ネットを利用するためには無線接続するための無線LANルーターが必要になります。無線LANルーターもプロバイダと契約しているご家庭ならすでに設置しているところがほとんどだと思います。

※プロバイダから提供されるモデムは無線LANルーターとの一体型もあります。

Amazonアカウント

Fireタブレットを最大限に利用するにはAmazonアカウントは必須です。AmazonでFireタブレットを購入している時点でアカウントを取得していることになりますが、Fireタブレットを利用するときも必要なことを覚えておきましょう。

便利なもの

Fireタブレットを利用するのに必須ではないけど、あると便利なものを紹介していきます。

保護フィルム

Fireタブレットに限らず、スマホ・タブレットはタッチパネルの操作や落下したときの衝撃で液晶画面に傷やヒビが入ってしまいます。傷やヒビが入ると画面が見づらくなるので、傷や衝撃から守ってくれる保護フィルムを貼っておくと安心です。

カバー

Fireタブレットの裏面はプラスチック製で、手触りがスルスルしていてかなり滑りやすくなっています。高いところで手から滑り落ちると、衝撃で本体が壊れたり、液晶画面が割れる可能性があります。

そうならないためにFireタブレットの専用カバーを付けることで本体が滑りにくくなり、たとえ落下したとしても衝撃から本体を守ってくれます。

Fire 7とFire HD 8の専用カバー・ケースはこちらの記事で紹介しています。

Fire 7 タブレットにオススメのカバーまとめ【2017モデル/第7世代】
Amazonが販売する「Fire 7 タブレット(2017モデル/第7世代)」の裏面はプラスチック製なので、カバー(ケース)がないと滑りやすく、落下の衝撃も心配です。今回は、Fire 7 タブレットにオススメの専用カバーをまとめて紹介します!
Fire HD 8にオススメのカバーまとめ【2017モデル/第7世代】
Amazonが販売する「Fire HD 8(2017年モデル/第7世代)」の裏面はプラスチック製なので、カバーを付けないと滑りやすく、落下したときの衝撃も心配です。そこで、Fire HD 8専用のおすすめカバーをまとめて紹介します!

microSDカード

Fireタブレットにはストレージ容量が8GBモデルと16GBモデルがあります。

8GBモデルだとアプリ、写真、動画を少し保存するだけで、すぐにストレージ容量がいっぱいになってしまいます。16GBモデルでも人によっては写真・動画をたくさん保存するので物足りないかもしれません。

しかし、FireタブレットはmicroSDカードスロットがあるので、最大256GBまで外部ストレージ容量を拡張できます。Fireタブレットはストレージ容量が少ないので、microSDカードが1枚用意しておくとなにかと便利です。

FireタブレットのmicroSDカードの使い方はこちらの記事で紹介しています。

FireタブレットでSDカードを使用する方法
Fireタブレットにはストレージ容量が8GBしかないモデルもありますが、その代わりにmicroSDカードに対応しています。今回は、F...

急速充電器

Fireタブレットのバッテリー駆動時間は7時間と意外と長持ちですが、付属の充電器で充電すると約6時間も掛かります。iOS端末やAndroid端末はパッテリー駆動時間より半分以下の充電時間で満充電になる感じですが、Fireタブレットはバッテリー駆動時間に匹敵する長さです。

付属する充電器は5V1Aとスマホには最適ですが、タブレットとしては出力が弱いので、充電を早めにしたい方は急速充電器の購入をオススメします。

Amazonプライム

screenshot-2016-09-15-at-14-16-01

Amazonには月額400円(税込)・年会費3,900円(税込)の「Amazonプライム会員」という有料会員サービスがあります。

Amazonプライム会員に登録すると、送料無料、映画・TV番組が見放題(プライムビデオ)、音楽が聴き放題(Prime Music)、毎月1冊無料で本・漫画が読める(Kindleオーナーライブラリ)、先行タイムセールなどの特典を受けることができます。

さらに、Amazonプライム会員なら「Fire 7」または「Fire HD 8」の注文確定画面でクーポンコードを入力することで、4,000円OFFの割引価格で購入することができます。

Amazonプライム会員の年会費3,900円(税込)が実質無料で使えるようなものなので、これを利用しない手はありません。

※プライム無料体験中の方は対象外となっているので注意して下さい。

Amazonプライム

FireタブレットとFire HD 8を割引できるクーポンコードと詳細情報については下記のリンクを参照して下さい。

Fire 7とFire HD 8が、プライム会員ならクーポンコードで4,000円OFF!

スポンサーリンク

フォローする