FireタブレットにUSBメモリは接続できるの?実際に使えるのか試してみた!

FireタブレットにUSBメモリを接続して写真・動画・音楽などを確認したり、保存しているファイルを移したい方も多いはずです。今回は、FireタブレットにUSBメモリを接続できるのか?実際に試しながら紹介していきます!

USBホスト機能はあるの?

FireタブレットでUSBメモリを使うには「USBホスト機能(OTG機能)」に対応している必要があります。

USBホスト機能とはUSB機器の「親(ホスト)」になることで、メモリ、マウス、キーボードなどの「子(クライアント)」を制御できる機能のことです。

Fireタブレットは2014年発売のFire HD 6、Fire HD 7、Fire HDX 8.9からUSBホスト機能に対応したので、2014年以降に発売したモデルはUSBホスト機能に対応していることになります。

つまり、2014年以前に発売したKindle Fire HDX 8.9、Kindle Fire HDX、Kindle Fire HD 7、Kindle Fire HD 8.9、Kindle Fire HD 7、Kindle FireはUSBホスト機能に対応していないので注意して下さい。

Fireタブレットの区別がつかない方は「Fireタブレットの見分け方」を参考にして下さい。

USBメモリを接続するには?

USBメモリを接続するにはUSB A(USB 2.0 Type – A)が必要なんですが、Fireタブレットは「microUSB(microUSB 2.0 Type-B)」しかありません。

FireタブレットのmicroUSBではUSBメモリを接続できないので、別売りの「USBホストケーブル」を用意する必要があります。

USBホストケーブルはUSB変換アダプタとも呼ばれていて、FireタブレットのmicroUSBに接続することでUSB Aが使えるようになります。

通販や家電量販店などで購入できますが、注意点として「MicroB(microUSB)・オス ― USB A・メス 」を必ず選んで下さい。

間違えて購入して使えなかったら最悪なので、Fireタブレットで使えるUSBホストケーブルを紹介します。

こちらのUSBホストケーブルはAmazonでの評価が高く、価格も安いです。とにかく価格を抑えて、FireタブレットでUSBメモリを使いたい方にオススメです!

Amazon純正のUSBホストケーブルなので、Fireタブレットでも安心して使えます。ただし、価格は他と比較して高いです・・・。

USBメモリが使えるのか試してみた!

FireタブレットでUSBメモリが本当に使えるのか実際に試していきます。

まず、USBホストケーブルのmicroUSB・オスをFireタブレットのmicroUSB・メス(充電するときに使用しているところ)に接続します。あとはUSBホストケーブルのUSB A・メスにUSBメモリを接続するだけです。

FireタブレットにUSBメモリを接続すると、画面に「接続先:USB Flash Disk・・・」と表示されて「写真とビデオ」もしくは「オーディオ」を選べます。

写真とビデオをタップするとPrime Photosアプリが表示されて、USBメモリに保存している写真・動画を見れます。

ただし、FireタブレットやAmazonクラウドに保存されている写真と動画がまとめて表示されているので、USBメモリに保存しているデータを探すのが大変です。

オーディオをタップするとミュージックアプリが表示されるので、下のメニューから「マイミュージック」を選びます。

マイミュージックからUSBメモリに保存している音楽ファイルを再生することができます。

FireタブレットでUSBメモリを使うと写真、動画、音楽しか確認できないと勘違いしそうですが、「ESファイルエクスプローラー」などのアプリを使うことでUSBメモリ内のファイルをすべて確認できます。

ちなみに、Yahoo! ファイルマネージャーでも試してみましたが、私の環境では「アクセス権限がありません」と表示されてUSBメモリ内を確認できませんでした。

最後にFireタブレットからUSBメモリを安全に取り外す方法を紹介します。Fireタブレットの画面上から下にスワイプして、クイック設定と通知を表示させます。

通知から「接続先:USB Flash Disk・・・」をタップすると、USBメモリを接続したときと同じ画面が表示されます。

あとは「安全にUSBを接続解除」をタップするだけで、Fireタブレットから安全にUSBメモリを取り外すことができます。

この操作をしないでいきなりUSBメモリを取り外すと、データが破損する可能性があるので注意して下さい。

まとめ

  • FireタブレットでUSBメモリを使うには「USBホスト機能(OTG機能)」が必要
  • USBホスト機能は2014年以降に発売したFireタブレットが対応している
  • FireタブレットでUSBメモリを接続するには別売りの「USBホストケーブル」が必要
  • USBメモリに保存されている写真、動画、音楽などをFireタブレットから確認できる

Fireタブレットに接続して実際に試したUSBメモリがこちらです。

Fireタブレットの外部ストレージを拡張する目的ならUSBメモリよりmicroSDカードの方がオススメです!

FireタブレットでSDカードを使用する方法
Fireタブレットにはストレージ容量が8GBしかないモデルもありますが、その代わりにmicroSDカードに対応しています。今回は、F...
スポンサーリンク

フォローする