Audibleの口コミ・評判は?メリット・デメリットをあわせて紹介!

Audible(オーディブル)は耳で聴く読書と呼ばれる「オーディオブック」をお得に楽しめますが、実際に加入している方の口コミ・評判が気になりますよね。この記事では、Audibleの口コミ・評判に加えて、メリット・デメリットを合わせて紹介します!

Audibleの基本情報

月額料金 1,500円(税込)
支払い方法 クレジットカード
作品数 40万冊以上
対応端末 パソコン
スマホ・タブレット
Alexa搭載デバイス
ダウンロード機能
無料期間 30日間

公式サイト:Audible

Audibleのメリット

好きなオーディオブックをお得に聴ける

Audible会員の月額料金は1,500円(税込)。

毎月1枚のコインが付与されて、文学、ライトノベル、ビジネスなどの40万冊以上のオーディオブック(ボイスブック)から好きなタイトルを購入できます。

オーディオブックの価格は1,000~3,500円ぐらいなので、タイトルによっては月額料金よりも2,000円お得!

しかも、Audible会員ならオーディオブック全作品がいつでも30%OFFなので、月に1冊以上購入するなら絶対に損しません。

個人的な理由でも返品・交換可能!

Audible会員ならオーディオブックを購入して365日以内なら「アカウントサービス」から簡単に返品・交換できます。

返品・交換は間違って購入したときはもちろん、「内容がイメージと違った」や「ナレーションが気に入らなかった」などの個人的な理由でもOK!

Audibleはあなたに合ったタイトルを見つけるまで返品・交換対応してくれるので、本当に好きなオーディオブックだけ購入できます。

返品方法や注意点について詳しく知りたい方は「Audibleの返品方法|回数制限や返品できない対処法まで解説!」を参考にしてください。

ナレーションは有名な声優や俳優が朗読してくれる

Audibleが配信しているオーディオブックは有名な声優や俳優が朗読してくれるので、聞き取りやすく、独自の面白さがあります。

例えば、ライトノベル「この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま(1巻)」ではアクア役の声優していた雨宮天さんがキャラクターごとに声を変えて朗読してくれるので、本やアニメにはない面白さがあります。

他にもめぐみん役の高橋 李依さんは2巻を朗読してくれて、ダクネス役の茅野 愛衣さんは3巻を朗読してくれるので、原作ファンや声優ファンは必聴です!

ちなみに、Audibleはナレーター(ナレーション)でもタイトルを探せるので、好きな声優や俳優の声をずっと聴いていたい方は試しに検索してみてください。

様々なデバイスからいつでもどこでも聴ける

Audibleはパソコン(Windows・Mac)、スマホ・タブレット(iOS・Android)、Alexa搭載デバイス(EchoやEcho dotなど)に対応しているので、いつでもどこでもオーディオブックを聴けます。

例えば、仕事や家事しているときにパソコンやAlexa搭載デバイスから聴いて、通勤・通学しているときはスマホ・タブレットから聴くことができます。

このようにAudibleは「仕事しながら」「家事しながら」「歩きながら」などの◯◯しながら聴けるので、忙しい方でも本を楽しんだり・学んだりできます!

対応端末ごとの使い方については「Audibleの使い方は?ダウンロードから再生まで徹底解説!」を参考にしてください。

ダウンロード機能や再生機能が充実している

Audibleは「ダウンロード機能」に対応しているので、パソコン(Windowsのみ)やスマホにオーディオブックをダウンロードしてオフライン再生できます。

オフライン再生できれば、移動時間や待ち時間などの外出中でもデータ通信量を大幅に節約できるので、通信速度制限になる心配はいりません!

他にもAudibleでは「ブックマーク(再生位置を保存)」「再生速度」「スリープタイマー」などの再生機能が充実しているので、オーディオブックを快適に聴けます。

Audibleのデメリット

月額料金・価格が高い

Audibleは月額1,500円(税込)で、好きなオーディオブックを1冊購入できますが、それでも月額料金は高く感じます。

オーディオブックの価格も1,000~3,500円ぐらいなので、紙の本と比べると価格は2倍以上します(※Audible会員は全作品30%OFF)。

とはいえ、有名な声優や俳優が長時間の朗読&練習していると考えると、月額料金や価格が高いのはしょうがないのかもしれません…。

関連記事 Audibleの料金はいくら?支払い方法や料金発生日を徹底解説!

オーディオブックのラインナップが少ない

Audibleで配信しているカテゴリーごとの作品数

Audibleで配信しているカテゴリーごとの作品数

Audibleで配信しているオーディオブックは現時点(2019年2月)で441,255冊ありますが、実はほとんどが洋書です。

洋書の作品数は430,264冊で、和書の作品数は10,991冊だけです…。

和書は全体の約2%しかないので、ラインナップは圧倒的に少なく、配信しているのは人気作品のみ。

聴きたいオーディオブックが配信していない可能が高いので、Audible会員に登録するなら事前に聴きたいタイトルを確認しておきましょう!

「聴き放題」から「コイン制」に改悪!

Audibleはもともと「オーディオブック聴き放題サービス」だったので、契約期間中にいろいろなタイトルを聴いても月額1,500円(税込)は変わりませんでした。

しかし、2018年8月に月額料金は変わらないまま「コイン制」に改悪!

コイン制では毎月1枚もらえるコインを使って、好きなオーディオブックを1冊購入できますが、いろいろなタイトルを聴くことはできなくなりました。

その代わりに解約後でも購入したオーディオブックは聴けるので、好きなタイトルを何度も聴きたい方にはオススメです!

関連記事 Audibleのコインとは?買い方や有効期限をわかりやすく解説!

Audibleの口コミ・評判

口コミ・評判まとめ

  • 洋書を利用すれば英語のリスニングを鍛えられる
  • 通勤・通学や家事しながらオーディオブックを聴ける
  • 声優や俳優が朗読してくれるので聴きやすい・面白い
  • オーディオブックをかんたんに返品できるけど上限がある(お問い合わせから返品しないといけない)
  • 会員特典に対して、月額料金が割高に感じる
  • オーディオブックの品揃えが少ない・イマイチ
  • 聴き放題からコイン制に改悪された

Audibleはどんな人にオススメ?

  • 通勤・通学や仕事・家事しているときにオーディオブックを楽しみたい・学びたい
  • 好きな声優や俳優がキャラクターごとに声を変えて朗読しているのを聴きたい
  • 本を読むのが苦手な方や文字を読むのがつらい方

Audibleまとめ

Audible(オーディブル)の月額料金は1,500円(税込)。

毎月1冊のオーディオブックをどれでも購入できて、PC、スマホ、Alexa搭載デバイスからいつでもどこでも聴けます。

しかも、初めて利用される方は「初回31日間の無料体験」ができるので、好きなタイトルを実質無料で楽しめます!

もちろん、サービスに満足できない方はいつでも退会できて、無料期間(30日以内)に解約すれば月額料金は一切かかりません。

このようにAudibleは実際に試してから有料会員になるか・退会するか選べるので、オーディオブックに興味がある方は「初回30日間の無料体験」を利用してみてください。

スポンサーリンク

フォローする